いい女とモテ女は違う

   

このコラムのタイトル
「大人モテの極意」。

35歳を過ぎてからのモテは
若い時に外見だけでチヤホヤされたモテとは「格」が違うんですよー、
という意味を込めたもの。
この「モテ」というのは「いい女」という意味のモテです。

が、厳密にいうと
いい女とモテ女は必ずしもイコールではない。
そこが厄介なとこなんです。

 

モテる女がいい女とは限らない。
ひるがえって、いい女がモテるとも限らない。
単純に不特定多数にモテるには、逆に難しいかもしれない。
なぜなら、いい女の絶対数が少ないように
それを理解してくれるいい男の絶対数も少ないから、です。
そしてたいていの男は、いい女の前では萎縮してしまうから。

 

不特定多数の男たちにモテる女になりたいなら
外見を小ぎれいにしつつ、男に隙を見せていれば
そこそこモテますよ、はい。
隙を見せるには、弱さとかほどよい露出を演出すればいい。
(水商売の女性がいい例ね)


男は基本、自分が上に立ちたい生き物。
だから男の存在を凌駕してしまういい女は選ばれにくい、とも言える。
でもその代わり、男から尊敬や羨望の眼差しを向けられます。
男とか女とかの性別を超えた、人間としての魅力。
もちろん、それに女としての魅力(外見や色気など)が備われば
「最強のいい女」です。

 

「モテ女」は小手先ですぐになれます。
でも「いい女」は一朝一夕にはなれない。

 

だからこその「いい女」。
「男目線でのモテ」ではなく、「いい女道」を突き進みましょう!









 - いい女の極意, 大人モテ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。