愛し愛された記憶が、女を強くする。

   

 

春分の日(宇宙元旦)も過ぎ、一気に春めいてきた今日この頃。

出会いや別れ、卒業や引越しなど
いろいろな変化がある3月、
断捨離や大掃除に精を出している人も多いでしょうね。

かくゆうワタシ、部屋を大掃除していて
たまたま出てきた手紙たちを整理しようとしていたら、
思わず読みふけってしまって掃除がぜんぜん進まない・・・
大掃除あるある、ですな。笑

 

そんななか、発見したんですよ。
過去に長年付き合っていた彼からの真剣な愛の言葉に溢れた手紙。
えーーーー!こんな手紙もらってたっけな??てな感じで
すっかり忘れておりました。

その彼とは、結局うまくいかなくて自然消滅してしまったけど
当時は本当にお互いを想いあっていたし、
必要としていたし、
宝物のようにキラキラの思い出がいっぱいある。

ぶっちゃけ、その彼以外にも
そうゆう思い出はそれぞれあるけど(小声)。

 

で、何が言いたいかというと

人間って忘れる生き物だってこと。

 

どれだけお互い大切に思っていた相手でも
別れ方が悲惨だったり、こっぴどく振られたりすることあるかもしれない。
人生ってタイミングだから。

でも、
結果的に別れてしまったとはいえ、
昔の彼から大切にしてもらったり愛されていたのも事実。
そして自分が人生のいっときでもその彼を愛そうとしていたのも事実。

だったら
その時の自分を否定するんじゃなく、
かつてはその彼を大切に思っていたし真剣に向き合っていたんだなーと認めること。

いいじゃないですか、ダメ男を愛したとしても。笑

愛し愛された記憶が、女を強くするんだから。

 

いちばん大事なのは、
その極致に達するために
その時その時
真剣に相手に向き合うこと。

 

せっかく広い世界で出会ったんだから
その人との出会いは自分にとって必然で必要な人だったんです。

そして、別れた後もいい女でいれるかどうか、は
ちゃんと昔の思い出たちに向き合って「感謝」できるかどうか。
それにかかってると言っても過言ではない。

過去に付き合った男にはみんな
「ありがとう」しかないですよ、ホント。笑

 

大掃除の際に、昔の手紙が出てきたら
あなたも宝物のような思い出を
ひとり頭で巡らせてみましょう。

きっと胸がじんと熱くなるはず、だから。

 

 









 - いい女の極意, 大人モテ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。