いろんな関係性を享受する女になる

   

周囲から大人の女として扱われるようになってくると、
はっきりとした肩書きのない人間関係があることに気づきます。

彼氏とか、旦那様とか、男友達とか、上司とか、
そんな「既存の枠」に収まりきれない関係性。

たとえば・・・

恋人というほど重くないけど遊びというほど軽くない彼、
別れてしまったけどよきアドバイザーである元カレ、
仕事とプライベートの区別がなくなってきたパートナー、
普段は滅多に会わないけど誰よりも自分を理解してくれてる男、
会うといつも刺激と緊張感をくれるメンズ、とか。

バブル時代のメッシー、アッシー、ミツグくんじゃないけど
それぞれの役割が集結してはじめて
ワタシという女が出来上がるみたいな。笑

一緒に食事をするのはこの人、趣味を楽しむのはこの人、仕事のパートナーとしてはこの人、
それぞれに最適な相手が違うことも多々。
大人になればなるほどいろんな関係性の男性が周りにいるのでは?

それは大人になった貴方自身が
いろんなバリエーションの顔と魅力の引き出しを持っているから。

既存の肩書きに収めようとしてもちょっと違和感がある。
そんな時は、無理に収めようとせず
自分が作った独自の関係性を楽しんでしまいましょう。

そして、そんな多彩な関係性を享受して楽しむことで
男性という生き物の本質や、見えなかった自分の気持ちも見えてきます。
しいては、これからの人生で
スムーズな男女関係を築くことにも繋がるはず。

なんでもかんでも
白黒つけずにグレイを楽しむ。
肩書きにとらわれずに男心を理解する。

そんな心の余裕と学びが、
ゆくゆくは女っぷりをアゲてくれますよ♡









 - いい女の極意, 大人モテ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。